FC2ブログ

スポンサードリンク

0 コメント

三菱UFJ国際投信主催の第5回ブロガーミーティングに参加してきました。

もことんです。


J_yurakucyoIMG_9668_TP_V1.jpg


三菱UFJ国際投信主催の第5回ブロガーミーティングに参加してきました。


日時:2019年6月27日(木)19:00~

場所三菱UFJ国際投信会議室


プロブラム

1、初めの挨拶

2、運用報告書の変更について

3、カン・チュンド様と弊社FMが語るインデックス運用のあれこれ

4、意見交換・Q&A

5、運用現場見学(インデックス運用・トレーディング)

6、閉会

7、懇親会


1、代田常務取締役の挨拶です。今回のブロガーミーティングはカンさんの発案による工場見学をようやく実現できるようになった。有楽町から東京、大手町には三菱地所のビルが多いが弊社があるビルは一番古くて家賃も低い。多分運用会社で一番家賃が低いのではないかと話されていました。


2、運用報告書の変更については、読みやすくするにはどうすればよいかを考えている。書体や見出しと文章、表紙、ページ構成、グラフ、表組のデザインを変更したとのことでした。こういうところにも手間暇かけてより良いものを顧客に提供する姿勢は素晴らしいと思います。


3、カンさんとFMの話ではカンさんがうまく話を進めてくれて、それにFMが答えてくれる流れでした。とにかくよくは話すFMでインデックス運用について熱く語ってくれました。結構攻めている発言もあり、途中で司会の方がフォローに入るなんて一幕も。


運用部門には200名の社員がいて、そのうちインデックス運用を社員は25名。インデックスの運用残高は5年前に比べ倍増しており人手不足とのことでした。一日のスケジュールも国内株式と海外株式は違っていて、海外株式は株だけでなく為替の発注もあるとのこと。3月6月9月が忙しい時期。


インデックス運用は指数への連動性が大事で連動性を高めるには現物の組み入れを工夫する。先物を上手に使っていく。信託報酬を下げる、売買コストを下げる。コストを埋め合わせるなどの方法があるようです。


売買手数料には手数料込の株価で購入することもありその際は手数料は実際にはかかっていないと運用報告書に書くことができるので実際にどのくらいコストがかかっているのかは基準価格を見るしかないようです。


また国内株式にかぎっては売買手数料-なんてこともあるそうです。株を購入するだけでプラスになる世界は個人投資家レベルではありえない話ですね。


また貸株を行うことによってコストの埋め合わせをしているようです。驚いたのは約50%は貸株に充てているそうです。

エクスクルーシブ(予め貸出枠、貸出利率を決めて契約)の場合0.03~0.1%の収益

オンデマンド(貸出銘柄、貸出利率は都度決定)の場合多いものだと30%の収益


とにかくFMはできるだけコストがかからないような運用方法を考えているというのがわかりました。


4、次のメイン中のメインが待っていたので質問は少なかったです。


5、待ちに待っていた工場見学です。初めに感じたのは仕切りのないフロアーで構成され驚くほどにテーブルにものがない。まさに断捨離状態。懇親会の時に社員さんに聞いたのですがこの日のために綺麗にしているわけではなくペーパーレス化を推進しているとのことでした。


まずはトレーディング部を見学各担当6台のモニターが設置されていて、デイトレードのような雰囲気。驚いたのはデモ画面ではなく実際に使用している画面を見ながら説明してくれたことです。多い時には1日で200億円程度取引することもあるそうです。


次にインデックス運用を見学。5人ぐらいのチームで行っているそうです。各自自分でツールを作っているようで細かいところまで見せてくれました。想像では機械的に注文を出していると思ったのですが、実際はアナログ的でかなり大変な印象。インデックス運用ですが業務はかなりアクティブ感じでした。


6、閉会の挨拶も終わり、司会の方はほっとした感じ。司会お疲れさまでした。


7、寿司あり、ホットドックあり、甘味ありとバラエティーに富んだ内容。お酒を飲みつつブロガーさんや社員さんと話をしてあっという間に懇親会は終了。


社員さんに以下の2点を聞いてみました。

①Slim先進国株の信託報酬0.0999%はかなりきつい数値ではないのか、まだ下げられる余地はあるのか

②SlimでMSCIジャパンを出す可能性はあるか


回答

①結構厳しい数値です

②ファンド規模が小さいので出すメリットがあまり見いだせない

とのことでした。

Slim先進国に関しては純資産額500億円が射程圏内に入ってきました。そうすると受益者還元で信託報酬が引き下げられるので単独1位の座を獲得することができます。そうなるとコストにうるさい投資家の支持を集めること間違いなしなので打倒ニッセイも可能かもしれません。


とにかく個人投資家の意見に耳を傾けてくれる三菱UFJ国際投信さんには頭の下がる思いです。eMAXIS Slimシリーズは業界最低水準の運用コストをめざすファンドなので長期運用するにもってこいのファンドです。


これからも応援し続けたいと思います。工場見学は本当に楽しかったありがとうございます。



関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ランキング

ブログランキング

ブログランキング

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

免責事項

投資、節約情報は個人の見解に基づくものです。当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

カウンター(2018.8.25~)