妻へのラブレター

資産運用
04 /20 2018

もことんです。


C824_akaribontegami_TP_V.jpg


妻に初めてラブレターを書きました。


ラブレターと言っても好きなどの歯の浮くようなセリフではなく、私に万が一の時があったときのために保有している銀行の口座、通帳、キャッシュカードの置き場所。暗証番号。


証券口座のログインID、パスワード、取引パスワード。


会社の退職金受け取りかた。


遺族年金の受け取り方をメモし渡しています。(流失を防ぐために手書きです)


人生100年時代と言いますが、健康で意識もしっかりした状態で100歳までたどり着ける人はごくわずかなのではないでしょうか。


今は健康で、病気もせず元気な状態ですが、いつまでも続くとは限りません。


生活費は妻が管理していますが、金融資産は私が管理しています。妻は金融資産についてまったく感知していないので、私に何かがあったときに困るのではないかと思い、ラブレターを書きました。


渡したときに中身を見てなにこれ?と苦笑いしていましたが、備えあれば憂いなし。


せっかく増やした資産を無駄にしたくはないので、元気なうちにラブレターを渡せたのは良かったと思っています。




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

もことん

40代のもことんです。2014年からNISAでインデッスク投資を始めました。毎日コツコツ積み立て中です。
趣味:ジャズ鑑賞、競馬、読書、野球、旅行。
リンクフリーです。よろしくお願いいたします。