FC2ブログ

底値帳のすすめ

節約術
04 /18 2018

もことんです。


GREEN_U20140125_TP_V1.jpg


収入>支出が毎月続くのが理想ですが、世の中そう甘くはありません。私が働いている職場は役職が上がらないと給料が上がりません。また、ベースアップや定期昇給などのおいしい制度もないので収入は副業でもしない限り上がりません。


収入を増やすより、支出を削減する方が簡単なので節約に励んでいます。


家計の大きな固定費と言ったら、家賃、保険、通信費、自動車関連ではないでしょうか。これらを削減することができれば大きな節約につながります。


我が家は

家賃→住宅ローンなので削減は難しい(借り換えも手数料を考えると効果なし)

保険、通信費→対策済み

自動車関連→保有していない。


あとの削減は食費、日用品ぐらいでしょうか。少しでも商品を安く購入するために底値帳をつけています。


対象商品は定期的に購入するものです。


商品名、容量、価格、購入した店をリスト化しています。商品はメーカーによっては容量などが違う場合があるので、トイレットペーパーだったら1mあたりの単価を、コーヒーだったら1gあたりの単価を出し、安いものを購入しています。


底値帳をつけることにより、底値が頭に入っているので、セール、大安売りなどのうたい文句に惑わされることが減ってきます。


また、底値帳よりも安い価格に出会えた時はうれしくなってしまう効果があるのです。


実際に実行しても、大きな節約にはなりませんが、定期的なお買い物も底値探しの旅になるのでおすすめです。







関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

もことん

40代のもことんです。2014年からNISAでインデッスク投資を始めました。毎日コツコツ積み立て中です。
趣味:ジャズ鑑賞、競馬、読書、野球、旅行。
リンクフリーです。よろしくお願いいたします。