サラリーマンの節約術

節約術
08 /06 2017

もことんです。


サラリーマンは保険、年金、税金をしっかり支払っています。保険、年金は収入が下がらないと減額は難しいですが、所得税、住民税はある制度を有効活用すれば、減額ができます。


それは、ふるさと納税、iDeCoです。


ふるさと納税とは


寄付額の2000円を超える部分について所得税、住民税が全額控除される制度です。(上限額あり)年収によって上限額が違いますが、年収1,000万の人は100,000円以上の額が控除されるお金持ち優遇制度です。また、各自治体がお礼の品を送ってくれるというおいしい制度なのです。


お礼の品は、お米、お肉、魚、果物、体験ツアーなど盛りだくさんです。どこに寄付してもいいので、好きなお礼の品が選べます。


iDeCoとは


公的年金にプラスして給付を受けられる年金です。個人型確定拠出年金と言います。掛け金が全額所得控除されるので、所得税、住民税が減額されます。年収500万の人は毎月23,000円拠出すると55,200円の減税になります。


ただ、デメリットもあります。ふるさと納税の場合、自分の住んでいる自治体に収める住民税が減ってしまいます。iDeCoは60歳までお金を引き出すことができません。


このことを踏まえ、上手に制度利用してみてはいかがでしょうか。




関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

もことん

40代のもことんです。2014年からNISAでインデッスク投資を始めました。毎日コツコツ積み立て中です。
趣味:ジャズ鑑賞、競馬、読書、野球、旅行。
リンクフリーです。よろしくお願いいたします。