国内ETF先進国株には頑張ってもらいたい

ETF
12 /21 2017

もことんです。


ETF(上場投資信託)先進国株の比較をしてみました。


MAXIS海外株式(MSCIコクサイ)上場投信(1550)

売買単位 10株

信託報酬 0.25%(税抜き)

出来高

12/11  4,910

12/12  4,440 

12/13  2,660  

12/14  3,140 

12/15  4,040

12/18  8,690 

12/19  6,350


iシェアーズ・コアMSCI先進国株(除く日本)ETF(1657)

売買単位 1株

信託報酬 0.19%(税抜き)

出来高

12/11  2,552

12/12  1,244

12/13  3,409 

12/14  2,403 

12/15  2,986 

12/18  807

12/19  2,423


(NEXT FUNDS)外国株式MSCI-KOKUSAI(H無)(2513)

売買単位 10株

信託報酬 0.17%(税抜き)

出来高 

12/11  16,980

12/12  3,840 

12/13  1,140 

12/14  2,210

12/15  4,010

12/18  3,080

12/19  2,710


(NEXT FUNDS)外国株式MSCI-KOKUSAI(H無)(2513)が上場したのに伴い出来高を調べてみました。3銘柄とも出来高は低いです。


2513は先進国株の投資信託より信託報酬が低いので期待していましたが、思うように伸びていません。

やはり国内ETFは人気がないのでしょうか。米国株ETFは大人気なので、残念でありません。


来年からはつみたてNISAがはじまりますが、ETFは対象商品でありながらも、ETF先進国株スタート時にはラインナップにあがらないようです。このまま日本では投資信託に押され、信託報酬に優位性があってもETFの未来は?です。


なんとか頑張てもらいたいのでしばらくは応援したいと思います。









関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

もことん

40代のもことんです。2014年からNISAでインデッスク投資を始めました。毎日コツコツ積み立て中です。
趣味:ジャズ鑑賞、競馬、読書、野球、旅行。
リンクフリーです。よろしくお願いいたします。