FC2ブログ

松井証券の貸株サービス

証券会社
10 /19 2018

もことんです。


PP_ohori_TP_V1.jpg


松井証券は預株サービスを廃止し、平成30年10月20日より貸株サービスを開始します。貸株サービスとは貸し出した株式に応じた「貸株金利」をうけとることができるサービスです。


メリット

 貸出金利を受け取ることができる(最低金利0.2%)

 権利取得設定ができる

 (貸株金利優先、株主優待優先、権利取得優先)

 貸出数量を設定することができる

 いつでも売却可能


デメリット

 投資者保護基金の対象とはならない

 貸株で受け取る配当金相当額は雑所得


預株サービスは証券会社が破たんしても相当額の金額を受け取ることができるので非常に魅力を感じていたのですが、今回の貸し株サービスでは証券会社が破たんしたときの保証はありません。


預株サービスの制度は他社になく気に入っていたのですが、貸株サービスでは他社と横並びでメリットを感じないので0.2%の金利では食指が動かないというのが正直な感想です。


一般NISAで購入したETFを特定口座に移したときに預株サービスを受けようと思っていただけに残念です。

スポンサーサイト

ついeMAXIS Slim全世界株式(オールカントリー)が登場。

投資信託
10 /17 2018

もことんです。


IMG_7943ISUMI_TP_V1.jpg


ついに待ちに待ったeMAXIS Slim全世界株(オールカントリー)が登場します。


設定日 平成30年10月31日

対象インデックス (MSCIオールカントリー・ワールド・インデックス配当込、円換算ベース)

信託報酬 0.142%(税抜き)

購入手数料 なし

信託財産留保額 なし

販売会社 SBI証券、楽天証券


このファンド1本で日本を含んだ全世界の株を購入することができます。


三菱UFJ国際投信のブロガーミーティングがあったのが9月末、今回のファンドの発表が10月15日、素早い対応でびっくりしました。日本株において、MSCIジャパンを保有していないがTOPIXでは潔くないとの言葉通りMSCIジャパンの新規設定でオールカントリーが実現したようです。


個人的にライバルは楽天VT、SBIの雪だるまではなく、eMAXIS Slimシリーズで作るなんちゃってVTだと思います。

なんちゃってVTは先進国8:日本1:新興国1の割合で

eMAXIS Slim先進国株式 信託報酬0.109%(税抜き)

eMAXIS Slim国内株式(TOPIX)信託報酬0.159%(税抜き)

eMAXIS Slim新興国株式インデックス 信託報酬0.189%(税抜き)

3つのファンドを買います。トータルの信託報酬は0.122%(税抜き)となります。


eMAXIS Slim全世界株式(オールカントリー)の信託報酬は0.142%、なんちゃってVTの信託報酬は0.122%で前者は配当込み指数、後者は配当なし指数となっています。


また日本株についても全世界株式はMSCIジャパン、なんちゃってVTはTOPIXとなり完全には一致しないので0.02%の信託報酬の違いをどう見るのか、また個人投資家がどう判断するのか楽しみなところです。


リバランス、管理の手間を考えるとeMAXIS Slim全世界株(オールカントリー)優位性があると思いますし、全世界株がでたら必ず買いますと言ってしまった手前応援しないわけにはいきません。


eMAXIS Slim全世界株式(オールカントリー)の新規設定は個人投資家からの要望が多かったファンドです。いずれつみたてNISAの対象にもなるでしょう。安心して長く投資をすることのできる商品の登場はうれしい限りです。eMAXIS Slim先進国株式やeMAXIS Slimバランス(8資産均等型)のように代表するファンドになると思います。


販売会社もどんどん増えて松井証券でも一日も早く取り扱ってほしいです。(NISAは松井でやっているので)







平成30年度10月の資産配分と保有金融商品

資産配分
10 /15 2018

もことんです。


NGouyu2_TP_V1.jpg


資産の内訳は以下の通りです。


資産配分


平成30年10月現在 

  現金   54.9% ⤴

  先進国株 25.5%⤵
  日本株  15.7%⤴
  新興国株  3.9%⤵  

保有金融商品


平成30年10月現在

現金 

 イオン銀行普通預金 金利0.1%(イオン銀行Myステージシルバー以上取得で)
 楽天銀行普通預金 金利0.1%(マネーブリッジ利用で)
 SBI銀行定期預金 金利0.2%(1年もの)

先進国株
 ETF  MAXIS海外株式(MSCIコクサイ)上場投信(1550)←NISA(保有のみ)
 ETF  iシェアーズ・コアMSCI先進国株(1657)←NISA
 投信 たわらノーロード先進国株式←NISA
 投信 ニッセイ外国株式インデックスファンド←NISA(保有のみ)
 投信 eMAXIS Slim先進国株式インデックス←NISA 
 投信 DCニッセイ外国株式インデックス←iDeCo
 
日本株 
 ETF MAXISトピックス上場投信(1348)←NISA(保有のみ)
 個別株←NISA(妻保有分)
   
新興国株
 ETF  上場インデックスファンド海外新興国株式(MSCIエマージング)(1681)←NISA(保有のみ)
 投信 eMAXIS Slim新興国株インデックス←NISA  

目標資産配分(リターン3~4%程度をめざします)

 現金   50% 
 先進国株 40%
 日本株  5%  
 新興国株 5%

ちょっとした調整は気にしないで、コツコツ投資が何より大事。続けること、続けること、続けることを実践するのが重要です。

投資スタイルの再確認

投資手法
10 /13 2018

もことんです。


naganoharaana_TP_V1.jpg


1日でダウが831ドル、日経平均が915円下がりました。暴落はいつ起こるかわかりません。どんな時でも平常運転が吉です。


何のために投資をしているのか改めて振り返ってみたいと思います。


目的

老後の生活資金調達のため

目標金額は3,000万

60歳から月20万円で生活を行う予定でいます。60歳から65歳までの5年間の生活資金は20万×12ケ月×5年で1,200万。

65歳から夫婦でもらう年金を月額15万と仮定し足りない分は月5万円。5万×12ケ月×30年で1,800万。ざっくりこんなシュミレーションをしています。


投資スタイル

コツコツつみたて、分散、長期投資


資産配分

リスク資産:非リスク資産=1:1

リスク資産は先進国8:日本1:新興国1

非リスク資産50%、先進国40%、日本5%、新興国5%の比率です。


リターンは年3%程度を目標としています。


投資先はインデックスファンドのみ


毎月5万程度を投資資金とする。


以上です。


60歳まで15年あります。毎月5万円積み立てていくと元本は900万となります。元本+リターン+退職金+今まで積み上げた資産を合計すれば何とか目標は達成できそうです。


株価の暴落だけでなく、私個人に今後何かあるかは未知数です。健康を第一に考え毎月5万円を投資に充てることができるよう日々精進していきたいと思います。

ネット証券ランキング

証券会社
10 /11 2018

もことんです。


goldIMGL0950_TP_V1.jpg


ネット証券ランキングとヤフーに入力して調べてみるといろんなサイトが発表していることがわかりました。ベスト3までを見てみます。


①おすすめのネット証券。com

1位楽天証券 2位松井証券 3位マネックス証券


②証券会社比較。com

1位楽天証券 2位SBI証券 3位松井証券


③おすすめのネット証券ランキング

1位SBI証券 2位松井証券 3位楽天証券


④ZUU online株初心者おすすめネット証券

1位SBI証券 2位楽天証券 3位松井証券


⑤みんなの株式

1位SBI証券 2位楽天証券 3位カブドットコム証券


⑥価格com証券会社人気ランキング

1位SBI証券 2位マネックス証券 3位岡三証券オンライン


⑦ZAi ONLINE

1位SBI証券 2位松井証券 3位楽天証券


となっています。


上記の通りサイトによってランキングに違いがあるのがわかります。何を指標とするかで結果が違いと思いますので当然の結果です。


私はSBI証券、楽天証券、松井証券の口座を開設していますが、使いやすさは慣れているのでSBI証券、取引量が多いのが松井証券です。


はじめて口座開設するのにおすすめな証券会社は楽天証券です。今年後半からすごいサービスを開始し、大変魅力的です。クレジットカードで投資信託を買いポイントを貯められたり、ポイントで投資信託を購入できたりとお得度満点です。


SBI証券と楽天証券はライバル関係にありますが最近は楽天が新たなサービスを打ち出し、SBI証券がそれに対抗するという図式ができています。楽天証券が今後もこのような展開をしてくると思うので目が離せません。





iDeCoの年単位拠出をする時に気を付けたい2つのこと(SBI証券の場合)

iDeCo
10 /09 2018

もことんです。


EFL92_kuritomomiji_TP_V.jpg


SBI証券でiDeCoの年単位拠出するとき気を付けたいことが2つあります。

①拠出しない月の事務委託手数料は口座を解約して手数料に充てる

②解約した金額が64円よりも多くなってしまった場合、多い分は運営管理手数料として扱われる。


以上の2点が気にならなければ、年単位の拠出を検討してもよいと思います。


解約した金額が事務委託手数料より上回っていた場合、返金されるものと安易に考えていましたが、甘かったです。


SBI証券の個人型年金プランに関する説明書にしっかり明記されているのですが、説明書は隅から隅まで見るわけはなく完全に見落としていました。


ルールはルールなので仕方がありませんが、個人的には拠出するときに一緒に手数料を払う仕組みにしてくれた方が正直ありがたい。


今回の件で、おいしいと思った制度にすぐ飛びつくのではなく、確認して納得したうえで行いたいと思った次第であります。



一般NISAのロールオーバーの方法(松井証券の場合)

NISA
10 /07 2018

もことんです。


elfa_IMG_4553_TP_V1.jpg


一般NISAの非課税期間終了に伴う移管(ロールオーバー)の方法です。(松井証券の場合)


①ネット口座にログイン

②口座管理から書類請求・申し込みをクリック

③NISA移管依頼書の申し込み数を1として確認ボタンを押す。


④非課税口座内上場株式移管依頼書が届くので内容を確認。

⑤不備がなければ書類を返送

以上です。


手続きは非常に簡単。平成30年11月30日までに返信する必要があります。

書類が期限までに届かなかったり、記載内容に不備があるとロールオーバーできず特定口座または一般口座へ移管となりますので注意が必要です。


ロールオーバーする。新たに一般NISAをする。つみたてNISAに変更すると選択肢は選べましたが、始めた時からロールオーバーすると決めていました。


書類はポストに投函したので、あとは確認メールを待つだけです。


売却していない平成26年度の一般NISAの購入銘柄は

MAXIS トッピクス上場投信(1306)

MAXIS 海外株式(MSCIコクサイ)上場投信(1550)

上場インデックスファンド海外新興国株式(MSCIエマージング)

の3銘柄です。


平成30年8月までの収益率は11.55%となっていて何とかプラスを維持しています。


当時は投資信託よりETFのほうが信託報酬が低かったのでこちらを購入していましたが、今では投資信託のほうが信託報酬が低くなっています。しかも3銘柄は現在購入していません。


5年で投資環境は大きく様変わりしました。また5年後は大きく変わるのでしょうか。正直バイ&ホールドが身上なので購入する商品を替えるのは少々面倒で管理が大変です。長く保有できるeMAXIS Slimのような商品がもう少し早く登場していたら楽だったのにと思う今日この頃です。





松井証券ポイントプログラム開始

証券会社
10 /05 2018

もことんです。


cyusyaPAS01313_TP_V1.jpg


松井証券が平成30年10月下旬よりポイントサービス導入。MATSUI SECURITIES CARDの発行を開始します。


ポイントはポイントプログラムやクレジットカード利用で貯めることが可能となります。


松井ポイントプログラム

①投資信託の購入手数料を全額ポイント還元。

②対象の投資信託の毎月の平均残高に応じて年率0.1%のポイントが貯まる。

③クレジットカード支払いで100円につき1ポイントが貯まる。


大手証券会社では2例目のクレカ払いでポイントが貯まるサービスです。


①投信工房で購入手数料が掛かる投資信託が増えることになります。賢い投資家はこの制度を利用することなくノーロードの投資信託を購入するでしょう。


②平均保有残高に応じて月0.00833333%のポイントが貯まります。対象商品が提示されていないので何とも言えませんが、楽天証券やSBI証券と同じような仕組みに落ち着くのではないでしょうか。


③松井のクレジットカードに限定されるのであまりメリットを感じません。使い勝手では楽天カードにおとるのではないでしょうか。


いずれにしても画期的なサービスです。


ポイントは投資信託の積立や各種商品との交換ができるようです。私は松井で投資信託を購入していました。他社ではポイントが貯まるのですが,松井は制度がなかったので歯がゆい思いをしていました。


ポイント制度導入によりポイントの恩恵を受ける権利を得たのはうれしい限りです。しかし、ポイントの対象が購入手数料のかかる投資信託に限定されてしまうとメリットはなくなってしまうので、早く対象の投信は何か知りたいところです。



SBI証券のiDeCo新プラン

iDeCo
10 /03 2018

もことんです。


tokunoshima0I9A3745_TP_V1.jpg


平成30年11月よりSBI証券のiDeCo新プラン「セレクトプラン」が設定されます。現行のプランは「オリジナルプラン」となります。


両プランの諸経費は同一でプランの変更は手数料無料ででき、11月1日より「セレクトプラン」の資料請求受付開始となっています。


「セレクトプラン」はeMAXIS Slimシリーズ、ニッセイ外国株式インデックスファンドなどを含む34商品と大変魅力的なラインナップです。


プラン変更は運用指図しているプランの資産を全額売却し、現金化したうえで資産の移管を行います。移管には2~3ケ月かかる予定。


SBI証券のiDeCo購入金額ランキングで1位になっているのはDCニッセイ外国株式インデックスです。信託報酬は0.189%(税抜き)、純資産は178億(10/1現在)となっている人気の高い商品です。


eMAXIS Slim先進国株式インデックス(信託報酬0.109%)、ニッセイ外国株式インデックスファンド(信託報酬0.109%)との差は0.08%この差をどう見るか。


DCニッセイはニッセイ外国株式が信託報酬を引き下げた数か月後に信託報酬の引き下げを行っています。

今回、DCニッセイの信託報酬の引き下げが早いのか、プラン変更による純資産額の流出が早いのかわかりません。セレクトプランにニッセイ外国株式インデックスファンドが入っていることで引き下げはないのではと個人的には考えています。


ではどうするか。私はDCニッセイを保有しているのですが、しばらくは様子を見たいと思います。移管に2~3ケ月かかること、資産がまだ少ないので年間の信託報酬の差も大した金額ではないことが理由です。


この前、現行プランの商品数を減らしたばかりだったのでこの発表に驚きました。これから新規でiDeCoを始めようとするのであれば、SBI証券で初めてもよいと思います。(ベストではなく、ベター)


しかしすでにSBI証券で始めている人にはなんだかな―という感じです。


どの業界でも新しい顧客を増やすために新規に有利なサービス提供するのは当たり前になっていますので仕方がありません。


長期、積み立て、分散投資を行っていても時代とともにサービスや制度が変わってしまうといままで構築してきた自分なりのしくみを変更しなければなりません。そんなことも含め考えると引き下げ実績のあるファンドを選ぶのが一番なのかなと感じています。


ほったらかしの道は実に険しいです。

平成30年10月の積み立て投資

積み立て投資
10 /01 2018

もことんです。


GAK85_pinkkosumosu_TP_V1.jpg 


平成30年10月の積み立て投資です。


リスク資産

先進国株


DCニッセイ外国株式インデックス        0円/月

eMAXIS Slim先進国株式インデックス        800円/毎営業日

                        300円分(楽天ポイントで購入)

たわらノーロード先進国株式          3,000円/月


日本株、新興国株は今月も購入予定はありません。


無リスク資産

学資保険                                     7,953円/月

子供貯金                                   10,000円/月


学資保険はソニー生命、子供貯金はSBI銀行の定期預金0.2%です。今月はiDeCoの拠出はありません。


目標資産配分に近づける為、リスク資産は先進国株のみの投資となります。


今月は約38,000+α円の積み立てです。コツコツ積み立てを行っていきます。

もことん

40代のもことんです。2014年からNISAでインデッスク投資を始めました。毎日コツコツ積み立て中です。
趣味:ジャズ鑑賞、競馬、読書、野球、旅行。
リンクフリーです。よろしくお願いいたします。