FC2ブログ

三菱UFJ国際投信主催の第2回ブロガーミーティングに参加してきました。

セミナー
09 /29 2018

もことんです。


平成30年9月28日三菱UFJ国際投信主催の第2回ブロガーミーティングに参加してきました。


プログラム

①プレゼンテーション

「NISA(一般・つみたて)及び三菱UFJ国際投信のインデックスファンドの状況について」

②三菱UFJ国際投信によるディスカッション

「eMAXIS Neoシリーズ設定について」

③カン・チュンドさんと三菱UFJ国際投信の常務代田氏との対談

「貯金感覚でのつみたて投資について」

④意見交換、Q&A

⑤懇親会



①ノーロード・インデックスファンド・シリーズの足元の状況、NISA(一般・つみたて)の状況、つみたてNISA1万人認知度調査の資料がありその中でノーロード・インデックスファンド・シリーズの残高は1兆円を超えていて、シェアはMSCIコクサイが24%、国内株式が24%、米国株式が16%を占めているようです。


NISAの口座数は一般NISAは60代、70代、つみたてNISAは30代、40代がが多く、つみたてNISAは若い世代が支持しているようです。積立期間が20年と長いので当然の結果と言えるかもしれません。

 


②新しいeMAXISシリーズeMAXIS NeoのPRです。Kenshoという聞いたことのない指数を採用し,

宇宙開発、ロボット、遺伝子工学の3シリーズがラインナップ。アクティブとパッシブの中間的なファンドのようです。信託報酬は0.72%(税抜き)と少々高めとなっています。



③貯金感覚で積み立て投資がテーマでした。

・一般NISAは非課税期間が5年、つみたてNISAは20年でつみたてNISA推し(カン氏)

・毎月分配型の投信は嫌い(カン氏)

・アクティブファンドが多いがパッシブファンドで良いのではないか(代田氏)

・投資のスタートは貯蓄感覚で積み立て投資をしてみればよい(カン氏)

・少額で初めていやだったらやめることができる。とにかく始めてみることが大切。(カン氏)

・マーケットを見れば見るほどリスクが取れなくなる(代田氏)

・コツコツ積み立てると価格は気にならなくなってくる(カン氏)

・投資家リターンとファンドリターンは違う(カン氏)

・見なくなる、気にならなくなる、いい意味でのほったらかしがベストの状態(カン氏)

・つみたて投資より一括投資のほうがリターンの恩恵を長期間受けることができるので山元氏の主張は理論的に100%正しい(代田氏)

・しかし気持ちの問題もある(カン氏)

 


全世界株について

まだ言えないが前向きに検討しているとのことでした。全世界株は3地域均等を出したが思うように純資産額が伸びていない、VTが人気があることは十分把握している。他社と勝負するためには合成指数ではなく、MSCIかFTSEで作ろうと考えている。皆様はこだわりがありますかとの逆質問もありました。

懇親会の席で代田氏に個人投資家で日本株はTOPIXでもよいと考えている人は一定数いますよ。また全世界株(含む日本)が登場すれ必ず買いますと伝えています。

 

直販について

年内にはやりたいと考えている。しかしただやるのではだめなのでマネーロンダリング対策やサイバー攻撃対策をしている段階であるとのこと。また直販は後発なのでクレカ払いやポイント制度も前向きに検討しているとのことです。


トラッキングエラーについて

マザーファンドの規模が大きければトラッキングエラーは小さくなる。トラッキングエラーが起きる原因はキャッシュフローと指数の入れ替え。指数を忠実に運用しようとすると手数料が増えてしまう。皆さんはトラッキングエラーが小さいのとトラッキングエラーは大きいのだけれどリターンが高い場合どちらがよいですかとの問いもありました。

インデックス投資をするにあたり、トラッキングエラーが小さいことに越したことはないのですが、運用会社の苦労、手腕、方策などの話を聞くとちゃんと運用してくれているんだなーという安心感がありました。


ファンドで手にする株式優待について

 換金できるものは業者を呼んで競売にかけている。株式優待は株式を多く持っていればいるほどたくさんもらえるわけではない。頭打ちなので、換金しても金額は微々たるもの。基準価格を押し上げるまでになならないとのことでした。運用会社で優待を使用していることは断じてないとのことです。



⑤懇親会は無料でしたがお酒がないので少々さみしい感じ。主催側が参加者の名札を作ってくれたので名札を見ながらいろんな方とお話しする機会が持てました。


今回のミーティングの感想としてはeMAXIS Slim全世界株式(含む日本)がそう遠くない時期に出てくるのが濃厚。期待を持たせる口ぶりでしたので大いに期待したいところです。

個人投資家の意見は一つ一つは小さなものかもしれませんしかし、まとまれば会社を動かす原動力ともなります。全世界株を望む方がいましたら是非とも声をあげてみてください。


三菱UFJ国際投信のみなさま月末の忙しいさなかこのような会を開いていただきありがとうございました。



スポンサーサイト

平成30年9月末現在の運用成績

セミナー
09 /29 2018

もことんです。


YAMAPAKU_MINZOKU04_TP_V1.jpg


9月末までの運用成績です。


先進国株


銘柄 MAXIS海外株式上場投信             収益率   30.11%前月比  +1.79

   ニッセイ外国株式インデックス               19.95%       +3.35%

   たわらノーロード先進国株式                  18.69%       +2.91%

   DCニッセイ外国株式インデックス                                 18.18%     +3.29%

   eMAXIS Slim先進国株式インデックス                               6.24%         +2.53

         iシェアーズ・コアMSCI先進国株               6.77%      +1.28%

           

 

日本株


銘柄 MAXISトピックス上場投信            収益率   29.60前月比 +5.85%


新興国株


銘柄 上場インデックスファンド海外新興国株式             収益率   8.46前月比  -1.34%
   eMAXIS Slim新興国株式インデックス           -4.76%      +0.90%


今月は先進国,日本はプラス、新興国はまちまちです。良い時も悪い時もいつもと変わらずこつこつ投資。


新興国は最近元気がありませんが、またいつか良い時もあるでしょうから気長に待ちます。

投資損益の再確認

運用成績
09 /27 2018

もことんです。


tokyo0I9A4446_TP_V1.jpg


日経平均は7営業日連続の値上がり、24,000円も見えてきました。総資産をマネーフォワードで確認したところ良好な数字をたたき出しています。


総資産額は把握しているのだけれど、実際に株式、投資信託で運用している成績はどのくらいなのかまったく知らなかったので、調べてみました。


投資の損益は過去に利確した個別株の成績を除外し、現在保有している株式、投資信託のみで調べています。


結果は損益率+20.14%でした。


ほぼほぼETF,投資信託の損益なのでまずまずの結果です。大体5年ぐらいの投資結果となります。5年で損益率20%越えなのでインデックス投資でもそこそこの結果を残すことができました。


さて、ここからが大事。過去の成績は置いといて、定年まで続けること。続けること。続けること。これができるか、できないかによって今後のパファーマンスが決まってきます。






今週末の三菱UFJ国際投信主催第2回ブロガーミーティングに参加してきます。

セミナー
09 /25 2018
もことんです。

J_yurakucyoIMG_9675_TP_V1.jpg

三菱UFJ国際投信主催の第2回ブロガーミーティングに参加します。

日時:平成30年9月28日 19:00~20:30
場所:三菱UFJ国際投信会議室

プログラム
1、NISA(一般・つみたて)及び弊社インデックスファンドの状況について
2、eMAXIS Neoシリーズの設定について
3、カン・チュンド様との対談
4、投信ブロガーのみなさまとの意見交換会
5、懇親会

第1回目に続き2回目の参加になります。前回はeMAXIS Slim全世界株(3資産均等)のPR的意味合いが強く、意見交換会はそんなに時間がなかったので、今回はプロブラム4の時間をある程度確保してくれることを期待しています。

私が聞きたいことはただ一つ。eMAXIS Slim全世界株式(日本含む)を作る予定はまだないのかです。前回三菱UFJ国際投信の代田氏がMSCIジャパンを弊社は持っていない、トピックスで全世界株(日本含む)を作ることは美しくないとの発言をされていました。

eMAXIS Slim全世界株(3資産均等)は半年余りで純資産が5億程度とあまり人気がありません。
半年たった今、心境の変化がないのか確かめてみたいのでチャンスがあれば質問してみたいと思います。



SBI銀行VS楽天銀行

銀行
09 /23 2018

もことんです。


matsutake-012_TP_V1.jpg


証券口座を開設するならSBI証券、楽天証券で間違いないと思います。それに付随するSBI銀行と楽天銀行を比較してみました。


今回対象にするのは①利用できるATM、②手数料、③金利です。


①利用できるATM

SBI銀行

 イオン銀行、セブン銀行、イーネット、ローソンATM、ゆうちょ銀行、VIEW ALTTEです。

楽天銀行

 イオン銀行、セブン銀行、イーネット、ローソンATM、みずほ銀行、ステーションATM、三菱UFJ銀  

 行、VIEW ALTTE、ゆうちょ銀行です。


②ATM手数料

SBI銀行 

 入金無料。

 出金

 ランク4→月15回無料、ランク3→月7回無料、ランク2→月5回無料、ランク1→月2回無料

楽天銀行

 入金3万円以上無料

 入出金

 スーパーVIP→月7回無料、VIP→月5回無料、プレミアム→月2回無料、アドバンスト→月1回無料


③金利

SBI銀行

 普通預金 0.001%、ハイブリッド 0.01%、定期1年 0.02%

楽天銀行

 普通預金 0.02%、マネーブリッジ 0.1%、定期1年 0.12%


①に関しては楽天銀行に軍配。

②に関してはSBI銀行が優位。楽天銀行はランクがアドバンスト未満だと3万円未満の入金、および出金に手数料が発生してしまうため、注意が必要です。

③に関しては楽天銀行が圧倒的に優位。


ある程度の額を入金することができれば、楽天銀行がおすすめとなります。


金利が2%、3%ついた頃が懐かしいです。

 

iシェアーズ・コアMSCI先進国株(除く日本)ETFから分配金がでました。

ETF
09 /21 2018

もことんです。


coffee20160715365204_TP_V1.jpg


平成30年9月14日にiシェアーズ・コアMSCI先進国株(除く日本)ETFから分配金をいただきました。

100口につき1,700円です。


NISA口座で購入しているので税金は取られることなくまるまる頂けます。今回は初めて分配金でiシェアーズ・コアMSCI先進国株(除く日本)ETFを購入しました。売買手数料も無料です。


アメリカではDRIP(配当再投資制度)があるみたいですが、日本のETFではDRIPができませんので、

手動で分配金の再投資を行いました。分配金でぴったり買えるわけではないので足りない端数は余力からだしています。


証券口座にログインして成り行き注文をだすだけなので、株式投資をしたことがある人ならそれほど手間はかかりません。


現在ETFは4種類保有しています。

①MAXISトピックス上場投信(1348)

②MAXIS海外株式(MSCIコクサイ)上場投信(1550)

③iシェアーズ・コアMSCI先進国株(除く日本)ETF(1657)

④上場インデックスファンド海外新興国株式(1681)


①、②、④は10株単位、③は1株単位で購入することができます。


①、②の場合

最低購入金額>分配金であったため、投資信託を購入していました。


③の場合

最低購入金額<分配金であったため、手動で再投資することができました。


③は現在2,000円前後で1株購入することができ他のETFより少額で購入することが可能です。


少額から購入でき信託報酬の低い投資信託が優位であることは間違いありませんが、ETFもマーケットメイク制度が始まりました。DRIPができるようになれば少しは注目されるのではないでしょうか。








アクティブファンドを買わない理由

投資信託
09 /19 2018

もことんです。


dash160214490I9A8210_TP_V.jpg


アクティブファンドは一般的にベンチマークを設定しそのベンチマークを上回る運用成績をめざすものです。


私がアクティブファンドを買わない理由は単純で信託報酬が高いからです。


アクティブファンドと言えばレオス・キャピタルワークスやセゾン投信ぐらいしか知りません。しかし、巷ではひふみ投信が売れていることは知っています。レオスやゼゾンの社長のお話を聞いたことがありますが、共通することはカリスマ性があり、人を魅了する力があることです。簡単に言うと人たらしです。


アクティブファンド運用成績がよくて売れているのもあるとは思いますが、そのファンドを運用している人に魅力があり、それにほれ込んで投資をしている人も多いのではないでしょうか。


個人で運用成績やパフォーマンスを向上するのは難しく簡単なことではありません。私にできることはいかにコストを下げるかだけなんです。販売手数料が掛かるファンドはもってのほか。信託報酬が0.2%を上回るものはどんなに過去の運用成績が優れていても興味はありません。


そうなるとインデックファンドしか選択肢がなくなります。そんななかで調べていくと三菱UFJ国際投信のeMAXIS Slimにたどり着きます。


eMAXIS Slimシリーズはすべて信託報酬が0.1%台となっていて、常に業界最安値の信託報酬をめざしているファンドなので他社が信託報酬を引き下げたり、信託報酬の低いファンドをだしても追随してくれます。


現段階ではこれがベストな選択だと思い、私はアクティブファンドではなくインデックスファンドのeMAXIS Slimシリーズを購入しています。





リーマンショックから10年が経ちました。(当時のあやふやな思い出)

個別株
09 /17 2018

もことんです。


KLPL_FOREST_007_TP_V1.jpg


リーマンショックから10年が経ちました。正直10年前のことは詳しく思い出すことができませんが、株価が大暴落したことは記憶しています。


当時は今の投資手法とは違い、個別株のみを購入していました。あの頃は三菱UFJ銀行、HOYA、ユナイテッドアローズの3銘柄を保有していました。見事3銘柄とも株価が半分以下になりました。


三菱UFJ銀行、HOYAは大きな損失が出ていていましたが、あー我が家の不良債権だーぐらいにしか思っていませんでした。しかし損失は気になるもの。悪魔のささやきが聞こえてきたのです。


「ナンピンすれば購入価格が下がるじゃん」


自分が購入した株はいつか必ず上がる、上がってほしいという強い気持ちがありました。また自分は損をしないといううぬぼれも。ということでHOYAは2回、三菱UFJ銀行は10回ほどナンピン買いをしています。


日経平均が8,000円を切ったころはもうさすがにこれ以上は下がらないと。また10,000円を回復し12,000円を超えたころはそろそろ下がるのではないかと。15,000円を超えたころにはもう天井なんじゃないかと思ったものです。


現在は22,800円ぐらい。(平成30年9月13日現在)


個人の予想なんて当たるもんじゃありません。しかし、プロでも素人でも将来どうなるかなんてわからないのではないでしょうか。


証券アナリストの予想は信じても、競馬の予想家は胡散臭いという風潮があるとは思いますが、どっちも同じでもっともらしいことを言うだけ。もちろん当たることもありますが、外れることも多い。知識だけではどうにもならない現実があるのです。


今思い返してみてみると、株価が大きく下がっても自分が購入した価格より低い場合は売る気はありませんでした。(塩漬け確定)この根拠のない自信が結果としてプラスに働き、HOYAも三菱UFJ銀行もプラスで売りぬくことができました。


たまたま成功体験があるので今は良い思い出です。


将来大暴落があるかもしれませんし、ないかもしれません。誰にも分らないことにおびえていてもしょうがありません。現在は個別株をやめて投資信託を積み立てているわけですが、こつこつ続けることが正解だと信じて突き進むだけです。

平成30年度9月の資産配分と保有金融商品

資産配分
09 /15 2018

もことんです。


AME_ginzan01_TP_V1.jpg


資産の内訳は以下の通りです。


資産配分


平成30年9月現在 

  現金   54.6% →

  先進国株 25.9%⤴
  日本株  15.6%⤵
  新興国株  4.0%⤵  

保有金融商品


平成30年9月現在

現金 

 イオン銀行普通預金 金利0.1%(イオン銀行Myステージシルバー以上取得で)
 楽天銀行普通預金 金利0.1%(マネーブリッジ利用で)
 SBI銀行定期預金 金利0.2%(1年もの)

先進国株
 ETF  MAXIS海外株式(MSCIコクサイ)上場投信(1550)←NISA(保有のみ)
 ETF  iシェアーズ・コアMSCI先進国株(1657)←NISA
 投信 たわらノーロード先進国株式←NISA
 投信 ニッセイ外国株式インデックスファンド←NISA(保有のみ)
 投信 eMAXIS Slim先進国株式インデックス←NISA 
 投信 DCニッセイ外国株式インデックス←iDeCo
 
日本株 
 ETF MAXISトピックス上場投信(1348)←NISA(保有のみ)
 個別株←NISA(妻保有分)
   
新興国株
 ETF  上場インデックスファンド海外新興国株式(MSCIエマージング)(1681)←NISA(保有のみ)
 投信 eMAXIS Slim新興国株インデックス←NISA  

目標資産配分(リターン3~4%程度をめざします)

 現金   50% 
 先進国株 40%
 日本株  5%  
 新興国株 5%

先進国株の比率が上がって、日本株、新興国株の比率が下がっていて理想的な状況が続きうれしい限りです。目標資産配分までの道のりは長そうですがどんな時も平常運転でコツコツ積み立てを行っていきます。

かなり気が早いけれど投信ブロガーが選ぶFund of the Year2018

Fund of the Year
09 /13 2018
もことんです。

PAK25_tokyobigsiteaozora_TP_V1.jpg

Twitterで相互フォローしていただいているすぱいくさんがTL上で投信ブロガーが選ぶFund of the Year2018についてつぶやいていたのをみてもうそんな季節になったんだなーと思っていました。

Fund of the Year2018に投票できるのは2018年9月30日までにブログを開設していることが条件となっています。まだの方で投票してみたい人は今月末までにブログを開設しましょう。

さて昨年の結果は
1位 楽天VT
2位 ニッセイ外国株式インデックスファンド
3位 楽天VTI
でした。

この結果の影響力がどのくらいあるのか調べてみました。

楽天VT
 1月中旬の純資産額 22億
 9月中旬の純資産額 124億
 8か月で102億増加
ニッセイ外国株式インデックスファンド
 1月中旬の純資産額 786億
 9月中旬の純資産額 987億
 8か月で201億増加
楽天VTI
 1月中旬の純資産額 47億
 9月中旬の純資産額 201億
 8か月で154億増加

上位のファンドは順調に純資産額を伸ばしているようです。

さて今年はどうなるか。8月に信託報酬の引き下げを行い、信託報酬、純資産額NO.1のニッセイ外国株式インデックスファンドが王者に返り咲くか。それともeMAXIS Slim先進国株式インデックスが初の栄冠に輝くのか。楽天VTが2冠をとるのか。結果はブロガーさんたちの投票で決まります。



もことん

40代のもことんです。2014年からNISAでインデッスク投資を始めました。毎日コツコツ積み立て中です。
趣味:ジャズ鑑賞、競馬、読書、野球、旅行。
リンクフリーです。よろしくお願いいたします。