FC2ブログ

平成30年3月末現在の運用成績

運用成績
03 /31 2018

もことんです


penIMGL9882_TP_V1.jpg


3月末までの運用成績です。


先進国株


銘柄 MAXIS海外株式上場投信             収益率   15.57%前月比-4.43

   ニッセイ外国株式インデックス                  3.2%     -4.7%

   たわらノーロード先進国株式                     3.5%     -4.9%

   DCニッセイ外国株式インデックス                                      4.4%     -5.3%

   eMAXIS Slim先進国株式インデックス                             -6.47%         -2.71%

         iシェアーズ・コアMSCI先進国株             -6.01%

           

 

日本株


銘柄 MAXISトピックス上場投信            収益率   22.63前月比-5.3%


新興国株


銘柄 上場インデックスファンド海外新興国株式              収益率   15.21前月比-3.79%
   eMAXIS Slim新興国株式インデックス               0.3%     -2.2%


今月も前月比マイナスです。2月よりマイナス幅は小さいですが、ぱっとしない状況です。

株価は上がったり下がったりするものですから一喜一憂せず淡々と積み立て投資を行っていきます。


スポンサーサイト

三菱UFJ国際投信のブロガーミーティングに参加してきました。

セミナー
03 /29 2018

もことんです。


IMG_20180327_184922.jpg


平成30年3月27日三菱UFJ国際投信主催のブロガーミーティングに参加してきました。


1、三菱UFJ国際投信代田氏によるプレゼンテーテョン

  「ノーロード・インデックス・シリーズのラインナップ」

  「全世界株式関連の指数について」

2、イボットソン・アソシエイツ・ジャパン小松原氏のプレゼンテーション

  「グローバル株式投資における地域分散の効果」

3、対談(代田氏、小松原氏、山崎氏)

4、意見交換、Q&A

5、懇親会


1、ではeMAXIS,eMAXIS Slim,つみたてんとうシリーズのすみわけについての説明がありました。

販売会社がネット証券、証券会社、銀行がありシリーズによって使い分けがある。Slimはネット証券に特化しているので人件費や紙ベースなどのコストがかからないから信託報酬がを低くできるとのこと。


また4月に設定されるeMAXIS Slim全世界株式(3地域均等型)について熱く語ってくれています。


2、ではeMAXIS Slim全世界株式(3地域均等型)と各指数によるリスクとリターンの比較説明があり3資産均等型は世界株式や先進国株式(除く日本)よりリターンが期待できるとのことでした。


3、では山崎氏がコアサテライト戦略なるものがあるが、サテライトなんてものは、いらないときっぱりおっしゃっていました。


4、では投資経験者のブロガーさんだけあって鋭い質問が多数出ていました。

・日本を含む全世界株式を出す予定はあるか

・ベンチマークを配当込にしていないのはなぜか

・eMAXISシリーズの信託報酬の引き下げはないのか

・人口減少の日本において3資産均等型は日本株の比率が高すぎるのではないか

などの質問がでました。


オフレコの話もあったため回答については書けないのが残念です。


5、では1,000円という会費もあってつまみは、かわきもののみとちょっと寂しい感じ。ブロガーミーティングで軽食(豪華なサンドイッチ)とドリンクが出たのでつまみはほぼ残っている状態。


懇親会では投資信託の運用報告書に書かれている実質コストは真の実質コストではないとの深い話が聞けてとても有意義な時間を過ごすことができました。


しかし、考えてみると顧客本位の業務運営が求められている昨今、真の実質コストの開示がないのはいかがなものか。今後に期待していきたいと思います。

一般NISAのロールオーバー

NISA
03 /27 2018

もことんです。


PPU_mankainisakujyugatuzakura_TP_V1.jpg


楽天証券より一般NISAのロールオーバーについての案内が来たので、各証券会社での現状を調べてみました。


SBI証券

ロールオーバーするには

①同一証券会社に開設するNISA口座内での非課税期間延長(ロールオーバー)であること

②NISA口座を開設している証券会社にて期限までに所定の手続きをいただくこと

※お手続きの詳細については後日案内いたします。


楽天証券

非課税期間を延長しNISA口座で保有し続けるには翌年のNISA買付可能枠に移し替える(ロールオーバー)手続きが必要となります。

※お手続き方法の詳細は確定でき次第別途ご案内いたします。


松井証券

5年間の非課税期間終了時点の評価額で120万までを翌年にの非課税投資枠に繰り返すことができます。

ロールオーバーご希望の場合松井証券顧客サポートにご連絡ください。


とあります。


来年から一般NISAのロールオーバーが可能になりますが、各社とも、まだ期間に余裕があるのでざっくりとした案内しかありません。


ロールオーバーすることにより、10年非課税の恩恵を受けることができるので、希望される方は10月から12月頃忘れないで手続きしましょう。


松井証券のiDeCo

iDeCo
03 /25 2018
もことんです。

neko209V9A9550_TP_V1.jpg

平成30年3月30日より個人型確定拠出年金(iDeCo)の申し込み受付がはじまります。

商品ラインナップ
①eMAXIS Slimバランス(8資産均等型) 信託報酬 0.22572%(税込み)
②DIAM DC国内株式インデックスファンド  信託報酬 0.1674%(税込み)
③ひふみ年金  信託報酬 0.8208%(税込み)
④三菱UFJ国内債券インデックスファンド(確定拠出年金)  信託報酬 0.1296%(税込み)
⑤たらわノーロード国内リート  信託報酬 0.27%(税込み)
⑥eMAXIS Slim先進国株式インデックス  信託報酬 0.11826%(税込み)
⑦eMAXIS Slim新興国株式インデックス  信託報酬 0.2052%(税込み)
⑧eMAXIS Slim先進国債券インデックス  信託報酬 0.1836%(税込み)
⑨三菱UFJ DC新興国債券インデックスファンド  信託報酬 0.5616%(税込み)
⑩たらわノーロード先進国リート  信託報酬 0.2926%(税込み)
⑪ゴールド・ファンド(為替ヘッジなし)  信託報酬 0.2916%(税込み)
⑫みずほDC定期預金1年定期

商品は全部で12種類、商品をしぼり、信託報酬が低いものが多くなっています。

手数料
新規加入時・企業年金からの移管時の手数料 2,770円

加入後に毎月発生する手数料
 加入者の方  
  国民年金基金連合会                 103円/月
  松井証券(運営管理手数料)                        0円
  信託銀行                        64円/月
 運用指図者の方
  松井証券(運営管理手数料)             0円
  信託銀行                      64円/月

給付手数料
   信託銀行                    432円/1回

還付手数料
   国民年金基金連合会           1,029円/1回
   信託銀行                 432円/1回
   松井証券(運営管理手数料)          0円

移管時手数料 
 松井証券                4,320円

SBI証券、楽天証券と同じような手数料体系です。

松井証券のiDeCoの魅力は商品ラインナップにeMAXIS Slimシリーズがあることです。加入時期によっては長い長い積み立てになるので信託報酬が低いものは有利になってきます。eMAXIS Slimシリーズは
業界最低水準の運用コストを将来にわたってめざすので長期保有におすすめの商品なのです。

eMAXIS Slimバランス(8資産均等型)の信託報酬引き下げ

投資信託
03 /23 2018

もことんです。


NIS_JRWEST_TP_V.jpg


平成30年4月11日より、三菱UFJ国際投信のeMAXIS Slimバランス(8資産均等型)の信託報酬が引き下げられます。


これはりそなアセットマネジメントのSmart-i8資産バランス(安定型)に対抗したものと思われます。


eMAXIS Slimバランス(8資産均等型)

信託報酬 0.209%→0.16%(税抜き)

純資産 96億9,800万

投資割合(国内株式12.5%、先進国株式12.5%、新興国株式12.5%、国内債券12.5%、先進国債券12.5%、新興国債券12.5%、国内リート12.5%、先進国リート12.5%)


業界最低水準の運用コストを将来にわたってめざすeMAXIS Slimシリーズがまさに有言実行。今回は0.049%の引き下げです。


純資産も順調に伸びていて100億円を超える勢いです。


このシリーズで1番人気のあるeMAXIS Slimバランス(8資産均等型)は購入している人も多いのではないでしょうか。


これで4/11以降eMAXIS Slimシリーズの信託報酬はすべて0.1%台です。実質コストは気になるところではありますが、三菱UFJ国際投信さんのこのシリーズに対する本気度が伝わってきました。


つみたてNISAで信託報酬が0.1%台の投資信託が購入できる。本当にいい時代になりました。




eMAXIS Slim全世界株式バランス(3資産均等型)が登場

投資信託
03 /21 2018

もことんです。


chartIMGL6594_TP_V.jpg


平成30年4月3日、三菱UFJ国際投信よりeMAXIS Slim全世界株式バランス(より3資産均等型)が設定されます。


全世界株式第二弾です。


eMAXIS Slim全世界株式バランス(3資産均等型)

信託報酬 0.142%(税抜き)

信託報酬はeMAXIS Slim全世界株式(除く日本)と同じです。


3/19に全世界株式(除く日本)が4/3に全世界株式バランス(3資産均等型)が立て続けに設定され、勢いが止まらない感じです。


全世界株式バランス(3資産均等型)は先進国:新興国:日本の比率が1:1:1になっています。同じように全世界の株式に投資ができるVTは先進国:新興国:日本の比率が大体8:1:1となっていて大きく比率が違ってきます。


1つのファンドで全世界の株式に投資ができるので、ファンド数を増やしたくない人には向いているのかもしれません。


他社ではニッセイアセットマネジメントが全世界株式バランス(3資産均等型)と同じようなファンドを出しています。


ニッセイ・インデックスパッケージ(内外・株式)

信託報酬 0.324%(税抜き)

純資産額 1,900万

設定日 平成29年11月17日


こちらは設定から4か月ほど経過していますが、純資産が伸びていません。信託報酬が違うので何とも言えませんがちょっと心配です。







つみップに行ってきました。

つみたてNISAMeetup
03 /19 2018

もことんです。


PPH_bisinessnote_TP_V.jpg


平成30年3月16日金融庁主催のつみップに行ってきました。


ゲストは島田氏、山崎氏、岡田氏のいつものメンバーとブロガーの水瀬さん、Night Walkerさん、虫取りさんです。


①まず金融庁の今井氏よりつみたてNISAの概要説明。

家計金融資産の推移・構成比率

各国の家計金融資産の推移

家計所得の日米比較

金融資産ゼロ世帯 過去最高

NISA口座稼働率・買付額の推移

投資は必要だと思うが、行わない理由

そもそも投資って

資金の流れ

投資信託による少額からの分散投資

長期・分散投資の効果

投資信託の信託報酬とリターン

投資信託における販売手数料

家計の安定的な資産形成に向けた取り組み

一般NISAとつみたてNISA

つみたてNISAの対象商品について

資産形成にあたってのポイント

よくある質問

②質疑応答

③投資信託についてのよくある誤解(#投信あるある104)


①については従来の内容がボリュームアップした感じでより詳しく説明してくれました。


②では金融庁はつみたてNISAの対象商品について販売実績は把握しているのか、しているのであれば売れていないファンドはあるのかを質問させていただきました。回答としては把握はしていない。もちろん対象商品144本のうち売れていないファンドもあるでしょうとのことでした。


③よくある誤解、分配金、基準価格などの話がありました。


その後の懇親会では有名ブロガーさんや金融庁職員、いつもお話しさせていただいている個人投資家さんと話をする機会がありました。


有名ブロガーさんに株価が大きく下がったときの心境をお聞きしました。上がったり下がったりを経験しているので慌てることはないとのことでしたが、下がったときはやっぱり心が揺れていますよとおっしゃっていました。


金融庁の職員さんは若い世代の人たりがつみたてNISA関心を持ってくれるようになってきていることと確実につみたてNISAの認知度が上がってきている実感があるとお話ししてくれました。


いつも話をしている個人投資家さんは若いのに勉強熱心で今年も10冊以上の本を読んでいて、新しい投資にも挑戦したと話してくれました。


このような機会がなければ、話をすることができない方とも投資について話をすることができるので投資に興味がある方はつみップに参加してみてはいかがでしょうか。


次回のつみップはお休みで4月21日(土)につみフェスを行うとのことです。

ホップ!ステップ!!つみップ!!!




三菱UFJ国際投信ブロガーミーティング

セミナー
03 /17 2018

もことんです。


PAK93_toukyoueki20150112184649_TP_V.jpg


平成30年3月27日に三菱UFJ国際投信ブロガーミーティングが開催されるそうです。


概要

日時:2018/3/27(火)午後7時~8時半

場所:三菱UFJ国際投信 会議場

テーマ:「eMAXIS の商品展開について」

費用:無料


プログラム

1.三菱UFJ国際投信より説明(eMAXIS Slimシリーズの新たなラインナップ追加について)

2.山崎元氏、小松原宰明氏との対談

3.投信ブロガーとの意見交換会


会終了後に懇親会有(会費1,000円)


ブロガーミーティングの情報は3月上旬ツイッターのフォロアーさんから教えていただきました。

私は、その日に申し込みを行い、3/12に申し込み受付メールがきています。


同日、このブログ経由にて三菱UFJ国際投信の担当者様からブロガーミーティングの案内がきました。

いきなりのお誘いにびっくりしましたが、Twitterを眺めていると結構お知らせを受け取った人がいたことに納得。


受付メールにはまだ若干の空きがあるとのことでした。


近年、投資信託の運用会社、販売会社、監督官庁などと個人投資家、投資ブロガーとの距離が近づいてきているように感じています。


金融庁は昨年よりつみップ(個人投資家との意見交換会)を開催し、今年は各地方で開催と全国展開しています。今までは金融庁などの官庁に足を踏み入れることなど考えられなかったことですし、実際に金融庁の会議室に入ったときはかなり緊張したものです。


今後もこうした機会が増え、投資(資産形成)の輪が広がっていくことに期待するとともに、微力ながら普及活動に尽力したいと考えています。


ブロガーミーティングの様子は後日アップする予定です。



平成30年度3月の資産配分と保有金融商品

資産配分
03 /15 2018

もことんです。


UNI16040516IMG_0017_TP_V.jpg


資産の内訳は以下の通りです。


資産配分


平成30年3月現在 
  現金   54.7% ⤵

  先進国株 22.8%⤴
  日本株  17.7%⤵
  新興国株 4.8%→  

保有金融商品


平成30年3月現在
現金 

 イオン銀行普通預金 金利0.1%(イオンカードセレクト保有で)
 楽天銀行普通預金 金利0.1%(マネーブリッジ利用で)
 SBI銀行定期預金 金利0.2%(1年もの)

先進国株
 ETF  MAXIS海外株式(MSCIコクサイ)上場投信(1550)←NISA(保有のみ)
 ETF  iシェアーズ・コアMSCI先進国株(1657)←NISA
 投信 たわらノーロード先進国株式←NISA
 投信 ニッセイ外国株式インデックスファンド←NISA(保有のみ)
 投信 eMAXIS Slim先進国株式インデックス←NISA 
 投信 DCニッセイ外国株式インデックス←iDeCo
 
日本株 
 ETF MAXISトピックス上場投信(1348)←NISA(保有のみ)
 個別株←NISA(妻保有分)
   

新興国株
 ETF  上場インデックスファンド海外新興国株式(MSCIエマージング)(1681)←NISA(保有のみ)
 投信 eMAXIS Slim新興国株インデックス←NISA  

目標資産配分(リターン3~4%程度をめざします)

 現金   50% 
 先進国株 40%
 日本株  5%  
 新興国株 5%

毎月変わらず、コツコツ積み立てるだけです。単調でつまらない投資ですが、長い目で見るとこれが重要。

力になることを信じていくだけです。

早く目標資産配分に近づきたい。

投資信託の資金流出入(1か月)

投資信託
03 /13 2018

もことんです。


zzz


Yahooファイナンスで投資信託(純資産額50億以上)の資金流出入(1か月)を見ることができます。


信託報酬0.3%以下、国際株式とバランス型について流出入額と順位を調べてみました。


ニッセイ外国株式インデックスファンド

資金流出入額  50億9,100万

順位  63位


楽天・全米株式インデックス・ファンド

資金流出入額  25億2,700万

順位  124位


eMAXIS Slim先進国株式インデックス

資金流出入額  17億4,600万

順位  165位


楽天・全世界株式インデックス・ファンド

資金流出入額  16億7,300万

順位  168位


eMAXIS Slimバランス(8資産均等型)

資金流出入額  15億9,800万

順位  175位


たわらノーロード先進国株式

資金流出入額  11億4,600万

順位  221位


iFreeダウ・インデックス

資金流出入額  7億4,100万

順位  284位


iFree8資産バランス

資金流出入額  4億6,800万

順位  365位


三井住友・DCつみたてNISA・全海外株インデクスF

資金流出入額  2億9,400万

順位  447位


ちなみに1位は

モビリティー・イノベーション・ファンド

資金流出入額  1,801億1,100万

純資産額  2,710億2,400万

です。


私はインデックス投資をしています。いつも、インデクス投資をしているブログなどを参考にしているので世の中インデックスファンド一色と勘違いしてしまいがちですが、純資産額、資金流出入額ともにアクティブファンドが隆盛を極めています。


資金流出入額はニッセイ外国株式インデックスファンドでも50億、信託報酬がぶっちぎりで低いeMAXIS Slim先進国株式インデックスは17億です。


また、たわらノーロード先進国株式は11億で一時期の人気が影を潜めた印象があります。


長期、積み立て、分散を行う場合、資金流出入額がどのくらいあるのか、ファンドを選ぶ場合に参考にしてみてはいかがでしょうか。








もことん

40代のもことんです。2014年からNISAでインデッスク投資を始めました。毎日コツコツ積み立て中です。
趣味:ジャズ鑑賞、競馬、読書、野球、旅行。
リンクフリーです。よろしくお願いいたします。