FC2ブログ

平成29年7月末現在の運用成績

運用成績
07 /30 2017

もことんです。


7月末までの運用成績です。


先進国株


銘柄 MAXIS海外株式(MSCIコクサイ)上場投信(1550)          収益率 14.1%

   ニッセイ外国株式インデックス                       5.9%

   たわらノーロード先進国株式                        5.7%   

   DCニッセイ外国株式インデックス                     11.2%  

 

日本株


銘柄 MAXISトピックス上場投信(1348)                収益率 15.45%


新興国株


銘柄 上場インデックスファンド海外新興国株式(MSCIエマージング)(1681)収益率 9.35%


すべてプラス収支です。投資環境が良い時も悪い時も、変わらず、コツコツ積み立てをおこない、元本の積み上げをおこなっていきます。

スポンサーサイト

夏のボーナスは住宅ローン繰り上げ返済か追加投資か

住宅ローン
07 /28 2017

5年前にマンションを購入し、毎月住宅ローンを払っています。借り入れはフラット35で行いました。全期間固定金利で、返済期間は35年です。


マンション購入時の金利は2.13%。フラット35s20なるものを契約したので、1年目から10年目までは1.0%の金利引き下げ、11年目から20年目までは0.3%の金利引き下げと非常に魅力的なものでした。


しかし、平成29年7月現在のフラット35s(金利Aプラン)はな、なんと金利が1.09%で10年間0.3%の金利引き下げです。5年間に1%以上金利が低くなってしまいました。


住宅を購入すると住宅ローン控除が受けられます。住宅ローンの年末残高の1%を所得税から控除できます。また、控除しきれなかったものは、住民税から控除が可能です。(ただし上限額あり)


住宅ローン金利が1.13%(1%金利引き下げあり)

住宅ローン控除が1.0%


10年間はほとんど金利が0でお金を借りている状態です。繰り上げ返済より追加投資を行ったほうが、資産形成の上で有利であるとは思いましたが、未来のリターンは未確定、繰り上げ返済後の利息の支払い軽減は確定なので、我が家は繰り上げ返済優先で行きたいと思います。


本当はローン残高が減ると単純にうれしいからなんですけどね。


金融庁に行ってきました。

意見交換会
07 /27 2017
7/26に金融庁主催、つみたてNISAに関する「個人投資家と意見交換会」に参加してきました。4回目となる今回は販売会社さんとの意見交換会です。

野村証券、大和証券、ゆうちょ銀行、三井住友銀行、SBI証券、今村証券、静岡銀行、楽天証券の8社がきていました。

各社のつみたてNISA動向
野村証券
 積極的に取り組んでいく。スタート時にまにあわないものもあるが、サービ
 ス、商品の拡充を行っていく。強みはコンサルティング。

大和証券 
 プロモーションを展開。ETFも取り扱ていく。ETFはるいとうの仕組みで検討し
 ている。

ゆうちょ銀行
 投資信託に前向き。取り扱い本数はあまり多くない。

三井住友銀行
 つみたてNISAに関する本を作成。つみたてNISAとは別にノーロードの投資信
 託も扱っていく。強みは対面販売。

SBI証券 
 顧客中心主義。幅広く商品を取り扱っていく。iDeCoとNISAを組み合わせるも
 のも考えている。定期売却サービス、つみたてアプリ、毎日積み立て、シュミ
 レーション型ロボアドバイザーなどのサービスを展開していく。

今村証券
 平成30年1月の開始に向け準備をしていく。商品ラインナップは未定だが、
 数を絞り込んでいく。

静岡銀行
 平成29年8月には方向性を決めていく。強みは対面販売。

楽天証券
 商品については扱えるものはすべて扱っていく。楽天スーパーポイントでもつ
 みたてNISAを買える。強みはポイントで買える。スマホアプリ、ポートフォリ
 オの提供をしていく。

各社とも、どの商品を販売するか具体的な回答はありませんでした。しかし、つみたてNISAで収益を得るのは難しいとのことでしたが、前向きにつみたてNISAを検討しているようで安心しました。

次回は意見交換会ではなく、つみたてNISAフェスタなるものを9/10(日)に開催するそうです。定員も従来の5倍ほどの200人ぐらいを考えているとのことで、当日が楽しみです。






もれなくTポイントがもらえます。

節約術
07 /25 2017
もことんです。

ソフトバンクの店舗に行くと来店ポイント(Tポイント)がもらえます。

対象
 Tカードを持っている人。

獲得方法
 専用機器にTカードを通すだけです。
 1等 10,000ポイント
 2等 1,000ポイント
 3等 10ポイント
 4等 1ポイント
 はずれなし

発券機からレシートがでてきます。そこに当選ポイントが記載されています。
レシート内にあるQRコードを読み込みアンケート等に答えると、ドリンクな
どの商品がプレゼントされることもあります。

チャンスは月に1回です。
通勤、通学途中にお店があれば、立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

Tポイントは魅力的

節約術
07 /24 2017
もことんです。

以前は楽天ポイントを貯めていてショッピングに利用したりしていたのですが、
Tポイントで税金が払えることを知り、Tポイントを貯めることにしました。

住民税、固定資産税などは自治体によってTポイントでも支払い可能です。
不足分はクレジットカードで支払いポイントも貯めています。カード払いは
10,000円を超える部分に対して10,000円ごとに108円手数料
がかかってしまいますが、我が家ではポイントはおまけの位置づけなので、
よしとしています。

食材費、日用品以外の買い物はYahoo!JAPANカードで支払いポイントを貯
めています。あとアンケートに答えたり、クリックでポイントをもらったり
して、月1,000ポイントぐらい貯まっています。資産と同様コツコツ貯めて
います。

税金は必ず支払わなければなりません。おまけとして考えているポイントで
払えることは節約につながり、うれしい限りです。

おすすめのネット証券

証券会社
07 /23 2017
もことんです。
私は現在SBI証券、松井証券、楽天証券で口座を開設しています。

SBI証券
 10年以上前に開設。口座管理料無料、口座数NO.1にひかれて申し込みをしま
 した。個別株、iDeCoで利用中です。

松井証券
 NISAが始まる前にいち早く売買手数料永年無料をうたっていたので開設しまし
 た。NISAで利用中です。

楽天証券
 日経新聞が読めるので開設しました。この夏から楽天スーパーポイントで投資
 信託が買える。口座連携サービスマネーブリッジを設定すると、優遇金利が適
 応され楽天銀行の金利が0.1%となり、魅力の多い証券会社です。今は利用し
 ていませんが楽天ポイントで投資信託を購入したいと考えています。

ポイントで投資信託が購入できるのは非常に魅力的です。おすすめは楽天証券です。

3つの証券会社では100円から投資信託が購入可能になりました。初めて投資をする方には敷居が低くなったのではないでしょうか。

投資手法

投資手法
07 /22 2017
先進国株4:日本株2:新興国株1の比率でiDeCo,NISAで運用しています。

先進国
 たわらノーロード先進国株式は 1回積み立て/月 (3,000円)
 ニッセイ外国株インデックスファンドは 毎営業日積み立て/月 (800円)
 DCニッセイ外国株式インデックスは 1回積み立て/月 (10,000円)

日本株 
 MAXISトピックス上場投信(1348)は 不定期購入

新興国株
 上場インデックスファンド海外新興国株式(1681)は 不定期購入

毎月30,000円程度を積み立てています。
日本株、新興国株についてはETFで購入していますので、定期的な積み立てができません。
このような購入方法で資産を作っています。

積み立て投資をする前は10年ぐらい個別株を購入していました。
毎日株価とにらめっこ。おかげさまでトータルでプラスとなりましたが、私には投資センスがないと痛感しました。
積み立て投資でコツコツとが自分にはあっているみたいです。

資産配分と保有金融商品紹介

資産配分
07 /21 2017
もことんです。資産の内訳は以下の通りです。

資産配分

平成29年7月現在 
  現金 56%
  先進国株 15%
  日本株 25%
  新興国株 4%  

保有金融商品

平成29年7月現在
 現金 
  ・イオン銀行普通預金
  ・楽天銀行普通預金
 先進国株  
  ・MAXIS海外株式(MSCIコクサイ)上場投信(1550)
  ・たわらノーロード先進国株式←NISA
  ・〈購入・換金手数料なし〉ニッセイ外国株式インデックスファンド←
   NISA
  ・DCニッセイ外国株式インデックス←iDeCo
 日本株 
  ・MAXISトピックス上場投信(1348)←NISA
 新興国株
  ・上場インデックスファンド海外新興国株式(MSCIエマージング)
   (1681)←NISA

目標資産配分(リターン3%程度をめざします)
 現金 50% 
 先進国株 29%
 日本株 14%  
 新興国株 7%

配分は特に深く考えて決めたわけではなく、無リスク資産とリスク資産の比率を
1:1。リスク資産は先進国株と日本株、新興国株の比率を4:2:1ぐらいになれ
ばいいかなと。

目標資産配分とは大きくかい離がありますが、コツコツ積み立てを行い目標値に
近づけていきます。



  
 
  

初めまして

あいさつ
07 /20 2017
もことんです。
インデックス投資や節約術について書いていきます。
みなさまのお役に立てれば幸いです。

もことん

40代のもことんです。2014年からNISAでインデッスク投資を始めました。毎日コツコツ積み立て中です。
趣味:ジャズ鑑賞、競馬、読書、野球、旅行。
リンクフリーです。よろしくお願いいたします。