FC2ブログ

リーマンショックから10年が経ちました。(当時のあやふやな思い出)

個別株
09 /17 2018

もことんです。


KLPL_FOREST_007_TP_V1.jpg


リーマンショックから10年が経ちました。正直10年前のことは詳しく思い出すことができませんが、株価が大暴落したことは記憶しています。


当時は今の投資手法とは違い、個別株のみを購入していました。あの頃は三菱UFJ銀行、HOYA、ユナイテッドアローズの3銘柄を保有していました。見事3銘柄とも株価が半分以下になりました。


三菱UFJ銀行、HOYAは大きな損失が出ていていましたが、あー我が家の不良債権だーぐらいにしか思っていませんでした。しかし損失は気になるもの。悪魔のささやきが聞こえてきたのです。


「ナンピンすれば購入価格が下がるじゃん」


自分が購入した株はいつか必ず上がる、上がってほしいという強い気持ちがありました。また自分は損をしないといううぬぼれも。ということでHOYAは2回、三菱UFJ銀行は10回ほどナンピン買いをしています。


日経平均が8,000円を切ったころはもうさすがにこれ以上は下がらないと。また10,000円を回復し12,000円を超えたころはそろそろ下がるのではないかと。15,000円を超えたころにはもう天井なんじゃないかと思ったものです。


現在は22,800円ぐらい。(平成30年9月13日現在)


個人の予想なんて当たるもんじゃありません。しかし、プロでも素人でも将来どうなるかなんてわからないのではないでしょうか。


証券アナリストの予想は信じても、競馬の予想家は胡散臭いという風潮があるとは思いますが、どっちも同じでもっともらしいことを言うだけ。もちろん当たることもありますが、外れることも多い。知識だけではどうにもならない現実があるのです。


今思い返してみてみると、株価が大きく下がっても自分が購入した価格より低い場合は売る気はありませんでした。(塩漬け確定)この根拠のない自信が結果としてプラスに働き、HOYAも三菱UFJ銀行もプラスで売りぬくことができました。


たまたま成功体験があるので今は良い思い出です。


将来大暴落があるかもしれませんし、ないかもしれません。誰にも分らないことにおびえていてもしょうがありません。現在は個別株をやめて投資信託を積み立てているわけですが、こつこつ続けることが正解だと信じて突き進むだけです。

スポンサーサイト

個別株よさようなら

個別株
01 /20 2018

もことんです。


昨年末に保有している個別株をすべて売りました。これで私の保有している商品はETFと投資信託のみとなり、真のインデックス投資家となりました。今回手放したのは三井物産、三菱東京UFG、イオンです。三井物産は高配当に惹かれ、三菱東京UFJはなんとなく、イオンは優待目的で購入しました。


手放した理由は、そこそこの利益が出たからなのですが、個別株を保有していると株価が気になり、何度も株価チェックしてしまうことと、紙切れになってしまう可能性に少々不安を感じたからです。


仕事の時はお昼休み、仕事終わりに株価をチェック。また家に帰ってから口座を開設しているネット証券にログイン。少なくとも1日3回はチェックしていました。


仕事が休みの日の平日は9:00にはネット証券にログイン。前場が終わりそうな時にログイン。後場が始まる頃にログイン。14:50ごろにログインとずっと株価が気になってしまう状態でした。


定期的に株価をチェックしていると少し株価が上がると売却したくなってしまい、あまり儲けることができません。また株価が下がっても損切りすることができず、株価が半分以下になってしまうこともありました。


この状態に疲れ果ててしまったわけではないのですが、ETFや投資信託をこつこつ積み立てて資産を増やしていった方が自分にはあっているのではないかと考え、現在に至っています。


妻も株式投資をおこなっていいるのですが、ネット証券にログインするのは年に数回。3銘柄保有していますがゲオHDは利益率22.4%、ゼンショーHDは利益率108.3%、キヤノンは利益率27.2%と好成績を誇っていて妻のほうが投資センスがあるようです。



株主デビュー

個別株
08 /21 2017

もことんです。


企業の株式を証券会社で購入すると株主になれます。


株主になると

①株主総会に出席できる。

②配当金がもらえる

③株主優待がもらえる。

などの特典があります。


①株主総会


三井物産の場合

事業報告や質疑応答があり、ほとんど反映されることはありませんが、意見や質問が言えます。総会後にはお土産ももらえ、お得な感じです。株主総会は株主でないと参加できません。初めて行くときはドキドキ、わくわく、平日開催が多いのですが、都合がつけば1度行ってみることをお勧めします。


②配当金


三菱東京UFJの場合

株価は600円台で推移しています。(平成29年8月現在)配当金は1株あたり年18円です。配当利回りは2.6%程度です。ただしNISA口座以外は20.315%の税金がかかります。


③株主優待


イオンの場合

オーナーズカードがもらえ以下の特典が得られます。

・イオンでの買い物金額に対して3%の現金キャッシュバック。(100株保有時)

・イオンラウンジを使用できます。(4名まで入場可。ドリンクサービス、PBのお菓子のサービス、新聞、雑誌の閲覧サービスあり)


私は、株を購入したことによって新聞の経済面やニュースを意識してみるようになりました。また株価が気になり毎日のように株価のチェックをしていました。いい面も悪い面もありましたが購入してよかったと思っています。


しかし、株主になると業績の悪化等で株価が大きく下がったり、倒産したりするリスクがあります。

くれぐれも投資は自己判断、自己責任でお願いします。







   


私の愛した個別株

個別株
08 /02 2017

もことんです。


インデックス投資にたどり着く前は、個別株を買っていました。10年ほど前にSBI証券に口座を開設し始めました。


開設する前から株に興味を持っていたのですが、対面販売はいろんな手数料が発生し、少額から買うには敷居が高かかったのです。しかし、ネット証券が出始めて、手数料が売買手数料だけだったので、がぜん意欲がわいてきました。


初めての口座開設、株購入と手探り状態でのスタートでした。初めに購入したのは(キューピー)です。キューピー人形が好きで、妻との外出や、旅行の際に人形を持参し、記念写真を撮っていました。

どうせ好きならその企業を買ってみようと思ったのがきっかけです。


特に勉強せず、知っている企業、株主優待のある企業、配当が高めの企業を中心に購入していきました。


過去の取引履歴をSBI証券画面で見ようとしたのですが、2年前しか遡れません。電子交付画面でも確認できるのですが、それでも過去5年です。10年前の履歴は個人情報に関する開示等請求書による請求手続きでしか見ることができません。しかも半期ごとに手数料が1050円かかってしまうのであきらめました。


これから書くのは自分の記憶に残っているものだけですが、私の愛した個別株です。

キューピー

ゼンショー

ユナイテッドアローズ

三菱東京UFJ

HOYA

イオン

双日

三井物産

キリン

ビックカメラ

日本水産

東京電力


現在3銘柄だけ保有しています。残りはナンピン、塩漬けなどを行い、我慢のホールドでプラスで売りました。


上記の株は、四季報を少し目を通しただけでほとんど勘で購入。今思うと恐ろしいです。



もことん

40代のもことんです。2014年からNISAでインデッスク投資を始めました。毎日コツコツ積み立て中です。
趣味:ジャズ鑑賞、競馬、読書、野球、旅行。
リンクフリーです。よろしくお願いいたします。