楽天銀行夏のボーナスキャンペーン第二弾

銀行
06 /23 2018

もことんです。


KZ1796034_TP_V1.jpg


楽天銀行、夏のボーナスキャンペーン第二弾です。


期間 平成30年6月20日~平成30年7月2日まで 

2週間もの 金利 0.2%(税引き後0.159%)

預入金額 100,000円以上1円単位

預け入れ上限額なし


となっています。


2週間という短い期間なので利息はほとんど付きません。わざわざ新規に口座を開設してまで定期預金を組まなくてもよいと思います。


もともと楽天銀行に口座を開設している人にはほとんど手間なく定期預金を組むことができるのでやってみる価値はあるのではないでしょうか。


私も100,000円以上の預け入れがあったので早速2週間ものの定期預金を組みました。2週間後には10円未満の利息を手に入れます。


楽天銀行夏のボーナスキャンペーン第一弾、第二弾ともあまりお得感がありません。SBI銀行の口座を持っている人には1年ものの定期預金(金利0.2%)のほうがお得ですね。


スポンサーサイト

上場インデックスファンド海外新興国株式(MSCIエマージング)約款変更に関する書面決議

ETF
06 /21 2018

もことんです。


PAK160428550I9A3602_TP_V.jpg


上場インデックスファンド海外新興国株式(MSCIエマージング)受託者三井住友信託銀行より重要書類が6月中旬に届きました。


分配金でも出すのかなと封書を開けてみると、上場インデックスファンド海外新興国株式(MSCIエマージング)約款変更のお知らせでした。


約款変更内容は投資対象ファンドの入れ替えということです。


簡単にまとめると

つみたてNISAの対象商品に係る登録要件に適合させるため、先物取引から現物株式による運用への変更を行うようです。これにより信託報酬が0.01%ほど低くなります。


議決権行使の方法は賛否の意思表示を行い平成30年6月29日までに必要記載事項を記入の上郵送する仕組みです。


賛成の場合は返送の必要なし

反対の場合は62円切手を貼って返送(後日62円分の切手が返ってきます)


賛成が2/3以上であった場合可決されます。


可決された場合は、反対の意思表示をした人は買取請求ができますが、手数料及び買取計算書の郵送費用は本人負担、NISA口座の場合は譲渡益の非課税の適用を受けられないので注意が必要です。


賛成の人は議決権行使書を出さなくてもよい、また議決権行使書をださない人は賛成とみなすというのは少しずるいよう気がしますが、よけいな郵送費用を節約するのは良い心がけです。


上場インデックスファンド海外新興国株式(MSCIエマージング)の保有者としてしっかり議決権を行使したいと思います。






平成30年ふるさと納税第三弾

節約術
06 /19 2018

もことんです。


007sukagamino17103_TP_V1.jpg


平成30年ふるさと納税第三弾は高知県奈半利町にしました。寄付金額は10,000円、返礼品は鶏豚8.3kg(鶏モモ、ムネ、ササミ各2kg、ゆず豚2.3kg)です。寄付の用途は元気な人づくり事業にしました。


楽天ポイント500ポイントを使い、残りは楽天カードで支払っています。


今回も楽天ふるさと納税サイトからの申し込みです。

ハピタス経由でハピタスポイント 100ポイント

楽天通常ポイント 100ポイント

SPUスーパーポイントアップ特典で楽天ポイント 95ポイント+95ポイント

キャンペーン特典で楽天ポイント 100ポイント

で合計490ポイント獲得です。


今年の寄付金額の合計金額は30,000円です。これで私の今年のふるさと納税は終了です。


今回はお肉8.3kgです。10,000円でこのボリュームは魅力的で思わす申し込んでしまいました。冷凍庫に入りきるか少々の心配はありますが、鶏のムネ、ササミは上手に料理しおいしくいただきたいと思います。


返礼品に喜ぶだけでなく、住民税が減税されているかの確認作業もしっかり行っていきます。





eMAXIS Slim米国株(S&P500)の登場

投資信託
06 /17 2018

もことんです。


XEM626003_TP_V1.jpg


相互リンクしているアウターガイさんからの情報です。


三菱UFJ国際投信が平成30年7月3日付けでeMAXIS Slim米国株(S&P500)が新規設定されます。


eMAXIS Slim米国株(S&P500)

信託報酬 0.16%(税抜き)


大和証券投資信託委託のiFreeS&P500インデックスの信託報酬が0.225%(税抜き)なので、かなり攻めた信託報酬になります。


指数が違う楽天・米国株式インデックス(信託報酬0.1696%税込み)を意識した設定でしょうか。

いずれにしても、iFreeS&P500インデックス、楽天・米国株インデックスは人気がありますからある程度人気が出るような気がします。


iFree,楽天米国株からの乗り換えがどれほどあるのかがカギになるのではないかと、三菱UFJ国際投信の最近のeMAXIS Slimシリーズ(日経225、全世界株、三地域均等)の純資産額は伸び悩んでいますし、起死回生になるか、楽しみなところです。


三菱UFJ国際投信の方が予定はないときっぱり言っていたものの、個人的には全世界株(日本含む)の登場に淡い期待を抱いています。






平成30年6月の資産配分と保有金融商品

資産配分
06 /15 2018
もことんです。

TKL18063021_TP_V1.jpg

資産の内訳は以下の通りです。


資産配分


平成30年6月現在 
  現金   54.2% ⤴

  先進国株 23.9%⤴
  日本株  17.4%⤵
  新興国株  4.5%⤵  

保有金融商品


平成30年6月現在
現金 

 イオン銀行普通預金 金利0.1%(イオンカードセレクト保有で)
 楽天銀行普通預金 金利0.1%(マネーブリッジ利用で)
 SBI銀行定期預金 金利0.2%(1年もの)

先進国株
 ETF  MAXIS海外株式(MSCIコクサイ)上場投信(1550)←NISA(保有のみ)
 ETF  iシェアーズ・コアMSCI先進国株(1657)←NISA
 投信 たわらノーロード先進国株式←NISA
 投信 ニッセイ外国株式インデックスファンド←NISA(保有のみ)
 投信 eMAXIS Slim先進国株式インデックス←NISA 
 投信 DCニッセイ外国株式インデックス←iDeCo
 
日本株 
 ETF MAXISトピックス上場投信(1348)←NISA(保有のみ)
 個別株←NISA(妻保有分)
   

新興国株
 ETF  上場インデックスファンド海外新興国株式(MSCIエマージング)(1681)←NISA(保有のみ)
 投信 eMAXIS Slim新興国株インデックス←NISA  

目標資産配分(リターン3~4%程度をめざします)

 現金   50% 
 先進国株 40%
 日本株  5%  
 新興国株 5%

投資額が少ないので先月と資産配分はほとんど変わりありません。現金比率が増えているので、投資に回したいところです。

どんな時も平常運転でコツコツ積み立てを行っていきます。



もことん

40代のもことんです。2014年からNISAでインデッスク投資を始めました。毎日コツコツ積み立て中です。
趣味:ジャズ鑑賞、競馬、読書、野球、旅行。
リンクフリーです。よろしくお願いいたします。